むらら図書館長「村正」
by muramasa666
カテゴリ
館長から
一階 『音楽関連』
二階 『ゲーム関連』
三階 『日記』
四階 『その他の蔵書』
五階 『ものがたり』
以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三階 『オフレポート そのいち』

d0082784_20183598.jpg
「こんばんわ。っといってもこれを見ている時間が夜とは限らないから、業界的にいうとおはようございますというのが正しいのかもね。
それはそれとして。オフに参加した方々、お疲れ様です。
去年の年末オフと違って緊張も殆どなく、心地よい雰囲気のまま終わることができました。
今後もこのオフが毎年の恒例行事となることを強く望みます・・・・」




さて今日はそのオフについてのレポートを書きたいところなんだけど、
正直なところ、どこから手をつけたものかというので非常に悩み中。

そこで、なんか小説仕立てにしてみようかなという妄想野望を抱いています。
ということで、やっちゃった感じがしますが・・・
連続オフ小説「村正物語~妄想伝」をお送りします。







連続オフ小説 『村正物語~妄想伝』

第一夜 「村正、上野駅に立つ!」




「暑い・・・」
上野駅に着いた俺は誰に聞かせるでもなく、そう呟く。
家を出る時も思ったことだが、やはり暑い。
夏は暑いから夏っていうんですよって誰かが言った気もするが、
南半球じゃ今は冬だ、あの人達にとっちゃ八月・・・つまり夏は寒いって意識なんじゃないのか。
だったら暑い=夏ってのは当てはまらないんじゃないのか。

そんなことをブツブツ思いながら乗り換えの電車を探す。

正直なところ、人が多いところも暑いところも得意ではない。
重火器があったら思わずぶっ放しちまいてぇ気分だぜ。

ズガガガガガ!!!!

「ヒャッハー! そこのデカブツ、撃たれたくなけりゃ恥かしそうに俯きながら道の端を歩きやがれってんだァー! ってもう死んでるか ヒャッハハハ!!」

などという事は決して言わない。
思ってても言わない。

さて、ここで時刻のチェックだ・・・11:32。
約束の時間は12:00だから、30分近く早く来たことになる。
ちと早い気もするが、まぁ時間前に到着することはよいことだ。

早速着いた事を伝えるべく、今回のオフの主催であるハッパにメールを打つ。
・・・・5分後。

まだ返信がない。

・・・・7分後。

まだない。

・・・・10分後。

まだまだ。

メールの返信に10分くらいかかるなんてザラじゃないか。
しかし待ち合わせの時の返信待ちてぇのは長く感じるもんだよな。
もう中央改札を20週は回ったねってかそれじゃ多すぎだよな、まぁせいぜい6週?いや5週かも?そいやなんで一ヶ月って5週なんだろうな、え?たまに6週にもなる?そうかなるのか、じゃあ一ヶ月が特別5週ってわけでもねぇのか、じゃあ一週間が7日なのはなんで、なんでだ?たしか一日が24時間なのは地球の都合で一週間が7日なのは人間の都合とか聞いた事があるな、たしか聖書とかうんたらなんたらで最後に人間をつくったどーたらこーたらで・・・


ブブブブブ・・・・・

おっと、携帯が鳴っている。
物思いに耽っている間に三分ほど経ってしまったようだ・・・。
なになに。
『ワリィまだついてないw
ありぃととしおとエリトンが先についてるみたいだから連絡とってくれw
こっちはあとちょっとで着くwww』

ふむ。三択か。
ありぃ、としお、エリトン・・・。
誰を選ぼうか・・・。


・・・ありぃか?
なるほど、ありぃなら同年代として気兼ね無く話せるかもしれない。
だがオフの前からそんなに話しているわけでもないし、
少々バツが悪い、ありぃは止めておこう。


・・・よく話しているとなると・・・エリトン?
確かエリトンとは12、3日に会っているし、二日に一回の頻度で会っているかもしれない。
しかし・・・エリトンは三人の中では紅一点。
「なにテェメカマしてんだゴルァ!!」と言われたらコトだ。
エリトンは止めておこう。


・・・最後は、としおか。
奴は誰とでも・・・というわけではないが俺とは比較的に友好的だ。
変なことを言っても多少のことなら許してくれるだろう。
よし、としおにしよう!


ええっと・・・なんて打つか。
「上野にツイタゾ!
どこに行けばいい?」

よし、完璧だ。
現状と要求が二行にとてもよく纏められている。
ダ・ヴィンチでもこうはいくまい、フフフ。

っと返信来たきた。
『中央改札でてきて~』

今、中央改札なんだがな。
ッフ、としおも詰めが甘いぜ(謎
とりあえず、中央改札を出るとするか。


駅の中といっても、十数メートル先はもう外だ。
熱気が止め処なく押し寄せる。

「夏は暑いが、オフはもっとアチィぜ」
意味不明なことを言いつつ第二夜へと続く。
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-19 20:59 | 三階 『日記』

三階 『推理たる宿泊―ミステリーナイト』

昨日と一昨日、ミステリーナイトなるものを見てきました。

ミステリーナイトというのは、初日に殺人事件の起こる(殺人とは限らないかも)舞台をし、
夜を挟んで翌日の昼にその解決編を公演するというもの。
観客は初日の事件を見て夜のうちに独自の推理で事件を解決し、
それを紙に書いて解決編の始まる前に投稿して
より真実に近かった人が最優秀名探偵として何かしらの商品がもらえる・・・というものだ。
いろいろと賞があったが、おそらく20位くらいまでの人は受賞をしたかと。


舞台を見るのは久しぶり・・・というか多分子供時代以来だったので非常に新鮮な感じ。

ミステリーというとガチガチのシリアスなシナリオかと思いきや、そうではなく
俺好みのギャグタッチなシーンもいくつかあり、
なんともっともギャグの多かったのが事件前ではなく解決編の最中だったのが驚きだった。

ヤバイね、ミステリーナイト・・・。
あのギャグはタダモンじゃねぇ。

ギャグだけでなく、事件本体もなかなかに出来が良い。
・・・といっても、見たのはこれが初めてなので何かと比較というわけではないが
小説のミステリーを舞台化したら、あんな感じだろうなという気がして違和感がない。
やはりプロの舞台というのは、金を払う価値のある娯楽なのだろうねぇ。

少々料金は高いが、その価値は十二分にある。
社会人になったら毎年参加したいとも思える。
・・・そうそう、リピーターの方も多いらしい。

あと参加者は6:4くらいで女性が多い印象だった。
女性はミステリー好きというこのなのだろうか?

ミステリーに嵌まりそうな今日この頃である。
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-11 00:21 | 三階 『日記』

『館長から―RO~ネタがない』

d0082784_20434393.jpg
「というわけでネタがありません。すみませんすみません。
今回の更新は二行です」
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-08 21:14 | 館長から

二階 『第一展示室―流行らせたい用語』

d0082784_11162665.jpg
「やぁやぁ、今日も来館ありがとう。
さて今回はROにおける
流行らせてみたい用語をまとめてみた。
機会があれば使ってやって欲しい」



『使え!我がギルドの流行語』


其ノ一「漢祭(をとこまつり)」
>適正狩り場より上のランクに行くのに回復役の居ないPT狩りをすること。
基本的に白P、魚、ミルクをがぶ飲みし狩りをする。
多くの場合死人が出る。
元はリネのクラン員が言ったセリフにある。

>例:「今日のG狩りはプリ無しの漢祭でいくぜぇ!」



其ノ二「ムラマッサー(むらまっさー)」
>妖刀村正のこと。
村正を使う騎士やクルセ、剣士を指す事も。
元ネタは騎士テンプレスレの防具の欄、アクセサリの呪われた幸運の女神のブローチの備考。

>例:「ついにねんがんの ムラマサをてにいれたぞ!これでわたしもムラマッサーだ!」



其ノ三「村正語録(むらまさごろく)」
>自称脳内ぽぇま~村正ブログの引用、またはROで言ったセリフのパロ。
一時的に流行ることもあったが、すぐに風化する運命にある。
名作だけが生き残れる厳しい流行語。

>例:「今日は『箱ちゃん開け開け大会』ってのはどうだい?」



其ノ四「せっかくだから俺は~(せっかくだからおれは~)」
>何がせっかくなのかが判らないのがポイント。
元ネタはあまりにも有名なデス様。

>例:「せっかくだから俺はこの紫の箱を開けるぜ!」



其ノ五「オリジナル詠唱(おりじなるえいしょう)」
>MEやSG、MS等の長い詠唱をする際にまるでスキルを詠唱するかのようにチャットをすること。
思ったより考えるのに時間がかかったりする。

>例:「地に埋められし亡者の力を得、汝らを天高く舞いあげ運びさらん・・・ワープポータル!!」



また流行らせたい言葉があればこの企画をします。
それではまた、次の本でお会いしましょう。
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-07 11:46 | 二階 『ゲーム関連』

四階 『雑記―強いとは何か』

d0082784_21515856.jpg
「やぁやぁ、今日もよく来てくれたね。
今回紹介するのは、ズバリ強さについて考察した。
強さというものを考えてみて欲しい」




『終り無き強さへの誉』

強さとは何だろうか。

ある人は肉体の強靭さだというだろう。
ある人は決してくじける事のない心だというだろう。
また、ある人は誰とも戦うこともないことだともいう。

結論から言えば、どれも「強い」だろう。


君が求める強さの偶像はどれだろうか?
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-06 22:19 | 四階 『その他の蔵書』

四階 『その他の蔵書―ブラインドタッチバトン』

d0082784_0112033.jpg
「といっても、四階にはネタもクソもない。
他の階でイッパイイッパイやねーn)゚д゚)・∵.
っと、失礼。取り乱してしまったようだ。
ネタが無いから、過去のネタから引っ張り出してこよう」



ハッパのところから回ってきた「ブラインドタッチバトン」とやらがあるようで、
今回はそれをやってみようかね。



<ルール>
キーボードを見ず、携帯の人は親指を見ずに答えを入力してください!
誤字・脱字はそのまま、「Backspace」や「クリア」は御法度です。


■生年月日を教えてください。
翔は六十年十二月十二日

数字はカンペキ、あとはまぁ・・・言うな・・・。

■TV番組といえば?
マイボス、マイヒーロー(いまやってるドラマ)
TVチャンピオン
笑点


■カッコイイ(可愛い)有名人といえば?
オトコ→織田裕二(漢字ウロオボエ)
>振り返れば奴がいるでメロメロ

オンナ→坂本千秋(なんか結婚して苗字かわったらしーけど)
>まぁまぁ歌上手いと思いますよ?コブシ効いてるし

■辛い食べ物と言えば何?
コショウ、って香辛料は否か・・・?


■あなたのチャームポイントを教えてください。
フレンドリーなとこ。
何かに必死になるとこ。
人を笑わせることに命を懸けてる(ゴメンかけてない)とこ。


■貴方の虫に対する思いを教えてください。
今日の味方は、明日の敵。
とりあえず見えないところで生きていてください。


■カラオケの十八番は何?歌手も教えてください。
バンプオブチキンのグングニル、K、ダンレライオン、アウエ。
マッキーのどうしようもない僕に天使が降りてきた、どんなときも。


■5秒で「ブラインドタッチなんか余裕だぜ!」と入力してみましょう。
ブラインドタッチなんて余裕だぜ!

■回す5人
回されたい奴はコメントに書けっ!(ぁ
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-06 00:25 | 四階 『その他の蔵書』

三階 『日記―大人の頭をもつおとな』

年ととっただけで偉ぶったり、
自分の意見が、さも世界共通であるかのように振舞う大人がいる。

見た目は大人、頭脳は子供ってさ・・・。

年をとれば、そりゃ大人になれますよ。
子供の頃は早く大人になりたいと思ったり、
子ども扱いするのに怒ったりして・・・ね。

別に誰がどうってわけじゃない。

ただ無自覚に人を傷つけるのはたまらないという話でさ。
やはり自分のことは自分では見えないってね・・・。

だからこうして、忘れないようにするのさ。

「お前はまだ大人なんかじゃない、人にどうこう言える立場でもない」

「ただ―・・・・」
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-06 00:03 | 三階 『日記』

二階 「第一展示場―RO日記」

d0082784_20145833.jpg「ここはオンラインゲーム・ラグナロクオンラインの日記帳が保管されている。

まぁ、多くは語るまいて。
それでは日記を楽しんでくれたまえ」



さて、ブログを変えたのは他でもない。
アメブロじゃあ画像が始めから大きく表示されないもんで、
これじゃあ何かアレなんで、エキサイトに変えたというわけです。


ネタ1 『夜刀、カタナふぇち』

いつも通り、ハッパ亭で駄弁っていると。
何故か刀の話になりまして。
いつの間にか俺と夜刀とでアツイ刀談義が広がっていた。
d0082784_20231644.jpg





うお、アツイぜこの男!!!

俺もいつになくアチィ談義を開催する、が・・・
他にはエリトンとかウィノとかも居たんだが、

刀+山海堂の話はちょっとついてこれない模様_| ̄|○|||

まぁ・・・、マニアックな話ダシネ。





ネタ2『ハッパ亭に不法侵入者』

先日ソウルリンカーを作成(まぁ例によってデリったんですg)時に、
酒場の中に入って↓のWPを抜けたところに・・・・
d0082784_20283290.jpg

なんでくりぃぃぃぃみぃぃぃぃがいるんじゃあああああああ!!!!
まぁ・・・アブラとかアブラとかアブラとかの産物なんでしょうね。
ってか、まだアブラなんてやってたんですねぇ・・・・。
修正来てからずっと下火だったから、見ることも少なくなってたんでてっきり滅んだかと。
まぁ室内でやっているその心や良し。

おまけ
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-05 20:41 | 二階 『ゲーム関連』

一階 「第一音楽ホール―心に残る旋律」


d0082784_1940763.jpg
「ここは第一音楽ホールだ。

音楽関連の書物を置いてあるのだが・・・君は音楽に興味があるのかな?

では、私のお勧めの本を呼んでみるかい?」



『心に残る旋律―翔べ!イカロス』

この世に絶望か希望があるとすれば、間違いなくあるのは絶望だろう。
だが、私たちは死に絶えてなどいない。

なるほど・・・確かに未来には絶望があるだろう。
避けることの出来ない障害もるだろう。
後悔も数え切れぬほどあることだろう。

しかし忘れないで欲しい。

生きていれば、変わらぬ明日が必ず来るということを。

過去の栄光になどすがる必要などない。
現在の苦境に背を向けるのもいらない。

私たちには未来がある。


この歌は私たちが笑いあったり、
突然の別れに悲しんだり、
後悔に心を痛めるほどにその心に響き渡るだろう。

僕らは行くしかない、ということに。

「翔べ!イカロス」
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-05 19:53 | 一階 『音楽関連』

館長から―図書館案内

d0082784_16342430.jpgやぁ、よくぞこの図書館を訪れてくれたね。
私は、ここの館長を務めている村正というものだ。
以後お見知りおきを。

さて、君はここに来るのは初めてのようだからざっとここの説明をしておこう。

この図書館は今でこそ蔵書数は少ないが・・・、不定期に来る業者がここに本を置いていく。

残念ながら不定期だから、いつくるかまではわからない。
まめに訪問していってくれ。


では、まずこの図書館の構造をご説明しよう。

一階は音楽関係の本を取り扱っている。
気に入った歌詞や、館長の個人的なランキングまである。

二階に行くとゲーム関連の書物に会えるだろう。
ネットゲームの日記などもこちらに分類される。

三階は個人的な私生活の日記だ。
鬱な毎日を綴る階になるだろうから、不快になるようなら近づかない事だ。

四階は・・・、まぁそのなんだ。
その他と分類される書物がある。
分類に困るから、とりあえずここに放り込んであるものもある。
もしかしたら君の気に入る本が見つかるかもしれないね。

現在、最上階である五階では物語を展示してある。
「むかしむかし あるとろに・・・」というやつだ。
館長の直筆だから、内容はあまり期待出来ないだろうが、な。


本館の作りはこの通りだが、別館として東屋も用意した。
よかったら休んで行きたまえ。


説明は以上だ。
では、楽しいひと時を過ごされん事を・・・。

「ああ、そうそう・・・」
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-05 16:58 | 館長から