むらら図書館長「村正」
by muramasa666
カテゴリ
館長から
一階 『音楽関連』
二階 『ゲーム関連』
三階 『日記』
四階 『その他の蔵書』
五階 『ものがたり』
以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


物語 『何も解決はしていない』

無気力というのは、どの人間にもあるものである。
多かれ少なかれの差はあれど確かに存在する。

ただ、彼の場合は少し度を過ぎていた・・・。


彼は面倒くさがりだ。
怠惰というわけではない。
『どうでもいい』のだ。全てが。

自分に害をなさないのなら隣人が殺人鬼でも構わないだろう。
相手から求めてくるならば、それなりに対応する。しかし離れるならば「勝手にしろ」となるだろう。

「友人なんて色々と考えるのが面倒じゃないか」


たとえ目の前で人が倒れたとしても、
携帯で連絡することはあってもすぐその場から去るだろう。

「警察が来たら面倒じゃないか」



好きも嫌いもない。
楽しいも悲しいもない。

ある意味この世から断絶した生き方をしている彼。

神は彼を見かねた。
どうすれば彼はヒトとしての喜びを知るだろう。
いくら考えても答えはでなかった。


そして神はついに彼に話しかけた・・・


『少年よ、どうしてそんな生き方をする?』
「理由なんて特にないし、どうでもいいじゃないか」

『お前に大切なものはあるか?』
「そんなものはない」

『ならばお前に授けよう、ヒトを慈しむ心を』



その日から彼は変わった。
常に周りに配慮をし、困った人がいれば進んで対処をし、
時には笑い、時には涙した。
すべての人間に同じだけの慈愛を注いだ。

誰もが彼を愛した。

彼も誰もを愛した。



彼の両親も安心をした。
これで彼も普通の人として暮らせるだろう。

神も安心をした。
これで彼も人として幸せな一生を過せるだろう。


だが誰として気付いてはいなかった。
全ての人間に平等に付き合うということの意味。
それは以前の彼と同じ、全ての人間と距離を置くということだ。


つまり、・・・何も解決はしていない。



その後、彼は多くの人間に見守られ息を引き取ったが、
それが彼の幸せであったかどうかは誰にもわからない。
[PR]
by muramasa666 | 2006-09-30 00:50 | 五階 『ものがたり』
<< 拳聖から見た世界 黒いコートの男と人形 >>