むらら図書館長「村正」
by muramasa666
カテゴリ
館長から
一階 『音楽関連』
二階 『ゲーム関連』
三階 『日記』
四階 『その他の蔵書』
五階 『ものがたり』
以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一階 「第一音楽ホール―心に残る旋律」


d0082784_1940763.jpg
「ここは第一音楽ホールだ。

音楽関連の書物を置いてあるのだが・・・君は音楽に興味があるのかな?

では、私のお勧めの本を呼んでみるかい?」



『心に残る旋律―翔べ!イカロス』

この世に絶望か希望があるとすれば、間違いなくあるのは絶望だろう。
だが、私たちは死に絶えてなどいない。

なるほど・・・確かに未来には絶望があるだろう。
避けることの出来ない障害もるだろう。
後悔も数え切れぬほどあることだろう。

しかし忘れないで欲しい。

生きていれば、変わらぬ明日が必ず来るということを。

過去の栄光になどすがる必要などない。
現在の苦境に背を向けるのもいらない。

私たちには未来がある。


この歌は私たちが笑いあったり、
突然の別れに悲しんだり、
後悔に心を痛めるほどにその心に響き渡るだろう。

僕らは行くしかない、ということに。






「翔べ!イカロス」

イカロスは羽ばたいたよ
ひとり 風を受けて
卑怯と呼ばれても羽ばたいたよ
死ぬと分かってても・・・


光に続く階段を僕らは見てしまった
気づけば、闇にとりつかれている

自分を守るためになら何だってしたんだよ?
仲間を裏切っても目を伏せて生き延びている

七色の光が 錆びついた翼を
溶かすように刺すよ
進むほどに

どこまでも進む道の先で何を見るの?
僕ら乗せていく時の風に、
心 ゆだねている

行き着いたその場所には何が待っているの?
辿りつけなくても幻でも
僕らはゆくしかない・・・


僕が声まで失って 落ちぶれたときに
同じように君を抱けるかな・・・?

いっそここでこの翼を切り落として欲しい
それで二人 永遠になれるなら・・・

君を奪う影が僕を狂気に変えて
二人 引き裂くよ
愛しすぎて・・・

行き着いたその場所には何が待っているの?
たとえ別れでも絶望でも
僕らはゆくしかない・・・


イカロスは羽ばたいたよ
ひとり 風を受けて。
卑怯と呼ばれても羽ばたいたよ
死ぬと分かってても・・・

果てしない闇の中で僕らは愛を知るよ
翼が折れても 風がやんでも
この手を離さないで・・・

すべて失っても僕らはゆくしかない

僕らはゆくしかない・・・
[PR]
by muramasa666 | 2006-08-05 19:53 | 一階 『音楽関連』
<< 二階 「第一展示場―RO日記」 館長から―図書館案内 >>